【滋賀県】テクノロジー:ロボット手術の危険|関西の看護師とニュースをお知らせしていくスマートウェスト

関西の看護師とニュースをお知らせしていくスマートウェスト > ニュース紹介 > ジャンル > テクノロジー > 【滋賀県】テクノロジー:ロボット手術の危険


ロボット手術の危険とは

スマートウェスト・関西がお届けする滋賀県を熱くするニュース!それは、テクノロジー情報です。驚きの研究結果が示されましたので、早速お届けしたいと思います! 今回のニュースは「ロボット手術の危険」について。ロボットの手を借りて手術を行う。遠隔地での操作も可能とする夢の技術であることは確かなのですが、100%安全とは決して言えません。調べによると、過去14年間に、ロボット手術の最中、マシンの不具合により144件の死亡事故が発生しているというのです。火花が出た、部品の一部が患者に落ちた、制御の不能など……。事故の60%が不具合にあるとのことです。

どんなターゲットの人が読むと効果的なのか

いま、手術を考えている方、そして医療従事者の方、読んで頂きたいですね。

このニュースから感じること

ちなみに、上記14年間の間に行われたロボット手術は総数170万件。その分母で144件ということであれば、一概に多いとも言え無さそうです。では実際に人の手で行った場合、どの程度の確率で危険な事故が発生しているのか?そこも調査する必要がありそうですね。

他の閲覧者の感想

野口譲

ロボットの近くでサポートしている人間が、上手く機能していない可能性もあるのではないか?と思いますね。

飯田有

不具合であれば改善のしようもあると思うのですが。もう少し対策を練って欲しいですね。

久本明海

発展の裏には、必ず失敗があるものです。今後の可能性と、事故の縮小に期待したいと思います。

人気記事一覧

関西の看護師とニュースをお知らせしていくスマートウェスト